TEL 052-739-3577
〒463-0808 愛知県名古屋市守山区花咲台1丁目801番地

スーパームーン

12月初めの満月がスーパームーンと聞いたので、眺めたのですが晴れていてよく見えました。
大きいのでしょうね。
その3日後、右が少し欠けた月、満月に比べ遅く出ますが、夜9時半頃上がってきたのをまず見て、その翌朝 家を出がけに西の空にきれいに見えました。
この時間まだ日の出前なので夜と同じ黄色の月です。
で交通機関を乗り継いでバスを降りたって医院に歩いていく途中、もう一度みえました。
これは太陽がでて空が青く、白い月です。同じ月が3回見られて得した気分です。
ただし一番大きいと感じたのは、このスーパームーンの月齢がもっと若いころ、上弦の月より若くて細い月が沈む直前(残念ながら地平線よりはかなり上です)を見る機会があり、その時です。
オレンジ色のびっくりするくらい大きな月でした。太陽も地平線近くのほうが大きく見え、スーパームーン効果よりそちらのほうがより大きいと思います。
月は、出る時間も毎日変わり(遅くなっていく)、満ち欠けもあるので、太陽より複雑でおもしろいですね。

今の寒い時期、とびひ(主に幼児の皮膚表面の細菌感染症)は珍しいですが、でも時々あります。
なぜか顔が多いです。2歳くらいのお子さんが1人そうでした。
お母さんに説明するとき、3歳の兄がいるというので、その子への感染を防ぐために(この時期うつりにくいだろうなと思いながら)、できたら一緒の入浴は避けてください。
兄が先に入るのが望ましいです。どうしても別々の入浴が無理なら でるときよくシャワーでからだ全体を洗い流してください(お母さん一人で入浴させる場合、小さい子を別々に入浴させるのはいろいろ大変です)。
バスタオルは別にしてください。 と説明したら 
お風呂の湯全部とりかえますか と聞いてこられたのにはびっくりしました。
この質問は初めてですが、不要の旨と先の説明をくりかえしました。
二人目のお子さんだからいろいろ慣れて、頭で育児ではないと思うのですが、これも核家族だからなのでしょうか。
他でも時々患者さんの祖母というかお母さんの母親にでもなった気分で(年齢的に十二分に資格があります)説明していることがあり、これが姑さんだったらさぞうっとおしがられるのでしょうね。
でも皮膚科医からのアドバイスだからいいわね とこれからも続けていくつもりです。
皮膚科グランマーです。